使用済自動車の欠点について

ピッカピカの新車を走らせていても、なんだかエンジン音がしっくりこないとか、シートのクッションのしなりが悪いとか、細かな部分が気になる人も少なくないのではないだろうか。

レアメタル研究会 / チタン / レアメタル / 岡部徹 / 岡部研 / 東京大学 / 生産技術研究所 / 循環資源・材料プロセス工学

新車特有の匂いが気になるという人もいるらしいが、O型の私なんかは、新車ということだけで浮かれしまい、そんな些細な微症状には気づきもしないのだが、クルマにこだわりを持っている人などにはわかるらしい。新車を走らせ馴染んでいくうちに解消されるそれらの現象も、新車の醍醐味といっていいだろう。何しろ新車は高いので、私には全く手が出ない。それはしかたのないことだ。

レアメタル購入 - ショップ - 大戦略WEB - ハンゲーム

そして、中古車には中古車なりの注意事項がある。

廃車 手続き

使用済自動車の欠点というわけではないが、前のオーナーのクセを感じる中古車も確かに存在する。例によって鈍感な私なら気が付かないような、本当に些細なことだが、前オーナーのクセを克服するまでは、しっかりお金を払って購入していても、まだ自分の車になった気がしないのだという。前のオーナーが喫煙者だと、たばこの臭いも気になる。これはなかなか消すのが難しく、芳香剤や消臭剤ではごまかせない。中古車を選ぶ際には、重要視するポイントだろう。それさえクリアしていれば、ちょっとだけ古いかつては誰かのものだった車も、愛着を持って自分の車として乗ることができるのだ。