フェイスリフトの注意点

アンチエイジングに即効性があり、確実に若返りが期待できるフェイスリフトですが、現在の一般的な方法が、外科的施術を伴うものである以上、施術を受けるに当たっての注意点も多くあるみたいですよ。やはりというべきか、そうやすやすと美は手にはいらないってわけですよ…。きちんとフェイスリフトのデメリットも把握した上で、自分なりに納得のいくアンチエイジング方法を模索してみるべきだと思います。

顔のしわ : 美容・ファッション・ダイエット : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

先ほども出てきましたが、フェイスリフトはメスを使って皮膚を切開し、様々な方法でたるみやしわを取り除く外科的手術。今では進歩した技術のおかげで、切開せずにフェイスリフトを行うこともできるようですが、切開した場合に比べて効果が持続しない場合があるようです。

会員アンケート調査:油断は禁物!!目のたるみから顔のシワ・たるみが起こる?!

早く確実に効果を期待するフェイスリフトとなると、やはり切開する選択になるわけですが、切開する以上、傷跡が残ります。傷跡はほとんどは髪の毛に隠れてしまったり、シワに沿うような形になるため、あまり目立たないとは言いますが、専門知識がある人が見ればすぐにわかってしまうとのこと。いつバレるかとヒヤヒヤして過ごすのはちょっと心臓に悪いかも…私チキンだし。



そしてフェイスリフトの手術を受ける上でどうしても避けられないのが、術後の顔の腫れ。二重のための施術など、美容整形外科にはつきものですが、顔に傷をつけるわけですから、割とハデに腫れるんです。私は親知らずを抜いた時でさえ、2週間以上腫れがひかず、かなり恥ずかしい思いをしました。多分、フェイスリフトの手術の時もそれくらい晴腫れるんだろうな…。やっぱり痛いだろうしなぁ…。迅速かつ確実に若返ると思って、フェイスリフトもいいかも、なんて考え始めましたが、術後の腫れぼったい顔をどのように隠すのかはかなり難題です。さすがに2週間も会社は休めないし。でも、そのまま出社したらフェイスリフトしたのがバレちゃうし…。うーん悩ましい…。何事もうまいだけの話はないんですねぇ…。