中華料理店の仕出し

洋食などと同様、我々の食生活に当たり前のように一つのジャンルとして定着している中華料理ですが、仕出し料理が必要な席で中華料理を注文するということは、なかなか想像しにくいものがあります。

ホテルJALシティ仙台 - (Sendai, 日本) | エクスペディア

中華料理そのものは種類も非常に多く、お酒に合う料理や、肉、魚、野菜など和食に比べても多い食材を使用する為、例え仕出しの席で用意をしても料理の数として全く問題は無いでしょう。

しかし中華料理は、例えばある程度本格的な中華料理を提供するお店などで馴染みのある、円卓を囲んで皆で大皿料理を取り分けるのが本来の食べ方です。
この食べ方は、同じ宅に座った人の間で打ち解けるには良い風習ですが、法事など畏まった席でのお客を持て成すには、大皿料理は不向きでしょう。
大皿料理が一品ずつ順番に提供される形も、食べ物の嗜好が判らない人が多く集まる場所には向いていません。

牛たん炭焼 利久 | JR博多シティ/アミュプラザ博多公式サイト

しかしお祝いの席であれば、このような振る舞い方も特に悪くはありません。仕出しという言葉でイメージする催し事の中でも、法事などの席ではなく結婚式やお祝い事の席の食事として取り寄せるには、お酒に合う料理もとても多い中華料理はとても良いものでしょう。

仙台 仕出し

中華料理を取り寄せるというと、ラーメンなど大衆的なメニューでの出前のイメージがどうしても強くなりますが、勿論各ジャンルの飲食店と同様、サービスの一環として色々な形での配達をしてくれるお店が多くあります。
形も大皿で一品ずつ盛り付けてくれることも、弁当形式のように一人前ずつ分けて盛り付けることのどちらも注文に応えてくれると思われます。
高級中華料理をお祝いの席で提供すれば、多くの人に喜んでもらえる席になるでしょう。