やっぱり牛たんは焼きたてに限る

牛タンは、その食べ方として一番人気が高いのは焼肉だと思われますが、焼肉だけに限らず、シチューやタン刺し、味噌漬けやハンバーグなど、色々と調理方法を工夫して食べさせてくれるお店も豊富にあります。

牛タン料理が名物として名高い仙台では、駅弁にも牛タン弁当が数種類あって観光客を始め仙台を訪れた人を楽しませてくれますが、お弁当の牛タンの唯一と言ってもいい難点として、牛タンが冷たくなっていることが挙げられます。

仙台名産 商品一覧|武田の笹かまぼこ

一部、加熱材を利用した容器で、購入後にお弁当全体を加熱し、温めて食べられるという素晴らしいアイディアの牛タン弁当もあるようですが、多くはお弁当ならではの冷えた状態で売られています。

勿論、お弁当の味自体は拘りの味付けだったり、牛タンを調理するときにも炭火で焼かれていたりと、とても心配りの為されている美味しいものを食べることができます。

仙台(仙台駅周辺) ご当地グルメ 郷土料理 名物料理/ホットペッパー

しかし、やっぱり牛タンは焼肉でも何でも、調理したてが美味しいという意見が大多数ではないでしょうか?

タンシチューなど煮込み料理の場合は、煮込む時間を長くし過ぎるとタンの旨味が抜けてしまいます。

肉類は加熱し過ぎると当然固くなるので、もともと食感が固めなタンが更に固くなってしまうと少し残念です。



時間を掛けて調理する料理法も勿論素晴らしいのですが、やはりタンに限っては焼きたてで、肉汁溢れる状態のものが食べたいという人の方が多いでしょう。