使用済自動車のメリットとデメリット

新車はその名の通り、まだ誰も乗っていない新しく購入される自動車である。最新のデザインで最新の機能が搭載され、エンジンも新しく綺麗だ。その反対側にあるものが、中古車である。中古とは、既に誰かの手垢のついた、使い古された状態のものだ。車に限らず、CD、本、家、嫁…中古のものは、古くて安い。その商品について良く調べ、メリットとデメリットを理解した上で購入すれば、中古に手を出すのも、そう悪いことではない。

ミスター廃車マン

中古ならではの、肌の馴染みというか、使いこなれて、新車より使いやすくなっている部分や、既に市場に出回っていて、知られているという安心感もあるだろう。中古車雑誌などにも、このメーカーのこの車種の、この機能がすごくいいとか、この車のこの色は、あまり出回っていないレア品などという、プレミア価値のついた物も見つけることがある。

レアメタルとは|金融経済用語集

かたや、使用済自動車のメリットとデメリットというものは私たち一般ユーザーにはないだろう。使用済自動車は、一般ユーザーには使えなくなり、使用済みとされた自動車なので、あとはそれ専用の業者に、使えるパーツを取ってもらい、専門技術を使って処分する一部部品の処理などを待つだけのものである。

レアメタル 三井金属レアメタル事業部|タンタル・ニオブ原料調達方針

自動車の最後のオーナーは、責任を持って、使用済自動車を最後の工程に乗せる、手続きを怠ってはならないのだ。